看護師 通信教育 インターネット

通信教育におけるインターネットの利用

通信教育におけるインターネットの利用

昔の通信教育といえば、郵便によるやりとりにて、学習を進めていく形態でした。それが、インターネットの発達により、大きく様変わりしています。多くのことがインターネットを利用することにより可能な時代になりました。インターネットによって、さまざまな形態の勉強への活用法が出てきています。

 

日本医療学園附属東亜看護学院は、山口県にあります。この学校は、看護師の通信教育課程にインターネットを利用したカリキュラムを組んでいます。
スクーリングと病院見学実習以外は、インターネットを利用した授業で学ぶことが出来ます。このことでテキストを目で追ってゆく自己学習とは違って、本物の講義を受けているような臨場感を味わうことが可能であり、頭には入りやすいと思います。

 

そして、学習において出てきた疑問点は各担当教員にメールで質問することが可能です。提出レポートにおいてもインターネットで提出可能となっています。
病院見学実習は住んでいる近くの病院施設で受けることも可能です。それから単位認定取得試験は、インターネット上で行いますので、試験のためにわざわざ登校する必要もありません。
それと単位取得については、看護師の国家試験の受験資格取得のために必要な65単位を看護学校で履修できます。
学費に関しては、2年間で93万円で、教科書代11万円も含まれています。なお、奨学金制度もあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ