看護師 通信教育 国家試験

通信教育での看護師国家試験挑戦

通信教育での看護師国家試験挑戦

看護師の通信教育という学習の進め方は、忙しく働いている准看護師の人たちには、すばらしいシステムです。

 

ただ、通信教育となると、通学しての学びよりも学習を進める上で自己管理出来るかどうかの比重が高くなります。
通信教育を始めても、なにげなくメリハリなく学習課程をすすめてしまい、修了の時に、結果がともなわないこともあるということを聞くこともあります。

 

そして最大の関心事は、通信教育課程修了の後、看護師の国家試験に合格できるのかということが不安な点なのだと思います。

 

国際メディカルテクノロジー専門学校は福島県にあります。その通信教育は、看護師の国家試験の合格率も高いことで評判です。
看護師の国家試験の全高平均合格率は78.7%です。国際メディカルテクノロジー専門学校の合格率は、83.6%ですから、全国の合格率以上の合格率になっています。それに、全国平均合格率は、通学制の学校の受験生も含まれていますので、通信教育でそれ以上の数字であることは、高い合格率の証でもありますね。

 

国際メディカルテクノロジー専門学校の特徴としては、高い合格率からも頷ける点ですが、国家試験の合格を最終のゴール地点としており、通信教育開始から合格に向けてのカリキュラムになっています。また、ネットを活用したホームページやEメールだけではなく、電話で教員に常時アクセスできますので、アドバイスやサポートを受けることが可能です。
通信教育2年目には、本番さながらの模擬試験がある『サクセスプラン』が用意されています。


ホーム RSS購読 サイトマップ