看護師 資格 通信教育 メリット

看護師通信教育のメリット

看護師の通信教育のメリット

看護師の資格を習得するためには、看護学校に通うのが通例でしたが、看護師の通信教育の制度ができました。

 

通信教育のメリットとしては、やはり通学時間が必要なく、また時間的制約が少ないことではないでしょうか。
働きながらもご自身の自由な時間配分によって、勉強できる点が、一番のメリットです。

 

看護師国家試験の受験資格取得のため、履修スなければならない科目は、全部で65単位必要になります。
ただし、通信教育の場合においては、臨地実習以外であれば、還俗的に、レポート提出での添削指導と単位認定試験の合格で、単位取得が可能です。
このことは、多くの科目において、テキスト学習で独学で勉学をすすめることが可能ということになります。

 

このように、テキスト学習をしてはいけるのですが、看護師の仕事は、人命を預かる大切な仕事です。やはりレベルの高い専門知識と技術が必要になってきますので、登校を全く行わないで、資格を取れるわけではないです。

 

臨地実習の流れは、紙上事例演習と病院見学実習、面接授業(スクーリング)です。病院見学実習とスクーリングは登校が必要な科目でもあります。
実習を行うことで、現場での実務の経験にも非常に生かされると思います。

 

通信教育での登校日数に関しては、カリキュラムや、学ぶ側の選択により異なってきますが、修学2年目に多く、2年の間に多い場合で50日前後になるようです。
投稿日が必要になってきますので、仕事に就いているような場合は、休みを調整できるようにしましょう。

 

登校が必要になってくる科目は、原則的には、指定の病院施設や各看護学校でおこなわれます。学校によっては、地方で会場を設けておこなったり、学生の居住地近辺に実習施設を調整しているところもあります。

 

このような配慮は、学校によって変わってきます。学校選びの際には、このようなポイントにも目を向けておいたほうがいいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ