看護師 資格 通信教育

看護師資格と通信教育

看護師資格と通信教育

准看護師で長期に働いている方も多いのではないかと思います。

 

そんなおり、看護師にステップアップしようと思う方もいらっしゃるのでは、ないでしょうか。

 

看護師へのステップアップの方法は、どういったものがあるのか紹介していきます。

 

看護学校に通学する方法

看護師になるために、看護学校に通い、看護師の国家試験の受験資格を取得。その後、看護師国家試験に合格する方法があります。
昔はこの方法でのみ看護師になることが出来ました。

 

看護学校に通学するケースでは、全日制では2年間の通学。定時制であれば、3年間の通学が必要です。

 

全日制は、時間的にもカリキュラム的にも准看護師として仕事を続けながらの通学は難しい部分が多いです。
定時制の場合には、准看護師として働きながら通学することが可能ですが、時間的な面で勤務先の理解が必要です。

 

このように、看護学校に通う方法には、時間的な制約が問題点でした。

 

今では、別の方法もあります。

看護師の通信教育制度

2004年4月から、新規に看護師の通信教育の制度が開始されました。

 

このことによって、通信教育を受けて、看護師の国家試験の受験資格を取得。
その後、看護師の国家試験に合格することで、看護師になる方法ができました。

 

看護師の通信教育制度は、『看護師学校養成所2年課程(通信制)』と呼ばれています。
この通信教育を受けるためには、准看護師で10年位上の兼務経験が必要という条件があります。

 

このような条件はありますが、通信教育の制度によって、家庭の事情で、看護師へのステップアップしたいと思っていても、通学が困難で行動ができなかった人もいると思います。
この制度を活用することによって、看護師に挑戦する間口が拡がったものと思います。

 

通信教育を利用することによって今まで以上に、看護師資格にチャレンジしてほしいものです。

通信教育のデメリット

看護師になるために、通信教育という方法があり、時間的制約を少なくして、看護師になることが可能になっています。
しかしながら、准看護師として、10年以上の勤務経験が必要になるために、その勤務経験がない場合には、すぐに通信教育を受けることができません。

 

このことから、早く看護師になろうと思っている場合には、全日制にしろ定時制にしろ看護学校に通う必要が出てきます。
定時制であっても先に書いたように、カリキュラム上の時間的制約が発生します。
准看護師のお仕事を続けながら、通学するためには、職場の理解が必要になります。

 

万が一、職場の理解が得られなかったり、そのような状況を作ることが困難な場合には、転職を考えてみるのもひとつの方法かと思います。
その場合、准看護師として、お仕事をしながら、看護学校に通学することを理解してくれる職場への転職によって、できるだけスムーズに看護師を目指しましょう。
現在は、准看護師といえども、求人自体は多くあります。またインターネットで看護師の求人サイトはたくさんみることができます。
看護師の転職に関して、また求人サイトに関して積極的に調べてみることもいいのではないでしょうか。

 

看護師の転職紹介サイトをみる

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ